結婚式・披露宴 準備万全バイブル

映像 挙式6~5ヵ月前

写真やビデオ映像について

結婚式の準備を始めて驚いたのが、映像料の高さです。
プランが細かくあり、何が必要で何がはぶけるのかわからなくなったり・・。結局余計な出費が出てしまった。なんて事にならないように、ひとまず写真とビデオについて少し細かくみてみましょう。

写真
一般的に、基本の3面アルバム(集合写真と二人のカラー・ウェディングドレス姿)や
集合写真のみをプロに頼む場合が多いようです。
たとえば上記の3面アルバムだと約50,000円します。
加えて、家族に渡す用に焼増すると、ひとつ約15,000円~
記念に写真集(フォトアルバム)を頼む場合、15~20万円くらいが目安です
・・結構な費用ですよね・・。私も予想以上の金額にびっくりしました!
ですが、プロに頼むとそれだけにクオリティーが高いです。
たとえば、何年たっても写真が黄ばまない、痛まないのです。

ビデオ映像
ざっくり分けて、ディスクになって後日保管できるアイテム用と式中で使用される演出用のふたつになるかと思います。
まず、アイテム用は、
スタンダード
(メイクシーンから披露宴最後まで編集したもの) 約16万円~
メイキングビデオ
(スタンダードにインタビューやメッセージなどプラスしたもの)約18万円~
などがあり、DVDで後日納品されます。

** Tips **
ちなみに、DVDのコピー代は約4万円~
最近は自宅のDVD機やPCだと保護がかかってコピーできない場合があるので
やむなく高い追加料金で頼む方も多いのではないのでしょうか・・(私もそのひとりです)

お次は、演出用。
オープニングムービー
(入場前に上映されるショートムービー) 約3万円~
ビデオアルバム
(披露宴でよく見る、ふたりの生い立ちムービー) 約7万円~
エンディングムービー
(式の後にエンドロールで招待した方全員の名前をメッセージとともにスクリーンに流す) 約6万~
といった感じです。

映像ダイジェストであるエンディングムービーは当日の式の映像がながれるのでかなり盛り上がります。
最近は皆さんほとんどエンディングムービーを依頼しているようです。

** Tips **
事前に映像担当の方に「こういう場面は必ず撮ってほしい」とお願いすると、より満足のいくものができると思います。
小物(ウェルカムボード・会場装花など)、お料理の写真などは思い出になるので撮っておくといいですよ。

プロに頼むか、親族・友人に頼むか・・

よく節約のために、家族や友人に映像関係を頼むか迷う場合があります。
私の経験から、まず両親には頼まないほうがいいです。
当日、両親は列席者全員への挨拶まわりや、会場担当者とのやりとりなどで忙しいので、
カメラを固定したまま映像して後日皆で見てみたら、誰かの頭ばかりが、ひたすら映っていた・・。なんて悲劇も起こりうります。
節約するならば、ビデオアルバムは自分たちで作成し、集合写真やエンディングムービーはプロにお願いする、など
部分的に割り振りしたほうがいいでしょう。
友人や親族に頼む場合は、もちろん後日お礼を忘れずに。

** Tips **
ビデオアルバムなど、映像を自分で作成する場合、音声もつけられる便利な無料ソフトがあります。
たとえば、Macをお使いならiMovie使い方はこちら)、
Windowsをお使いならWindowsムービーメーカー使い方はこちら)です。
これらはパソコンを購入した時すでに無料でインストールされているので、ぜひ挑戦してみてください。

私の場合 -体験談-

考えてみたら映像だけでも40万近く費用がかかるので、節約のためにビデオアルバムは自作しようかと思ったのですが
なかなか時間がなく、結局エンディングムービーとビデオアルバムがセットになったプランを頼みました。
エンディングムービーを頼めば、必然的に式中の映像を収録したDVDアイテムプランを頼まなくてはいけないのでそちらもオーダーしたのですが、後日納品されたDVDを列席してくれた友人達と見たところ、
かなり盛り上がったので、大きい出費でしたがよかったのかな、と思います。
どうやら、本人たちの見逃した場面(喫煙や化粧室で離席したり)があったりしたようですね。

式の写真については、3面アルバムのみ会場に頼みました。
式の最中の写真は、親族や友人からいただいたのですが、かなりの量になり、それで十分だったです。

Copyright(c) 結婚式・披露宴 準備万全バイブル All Rights Reserved.